社会・政治 Feed

2011年12月 2日 (金)

動物愛護管理法の改正へ向けて 2

前回、8月に一度記事にしました 動物愛護管理法の改正へ向けて

5年に1度の「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)」改正のための

パブリックコメント(改正案に対する意見)の第2弾を環境省が求めています。



国への意見なんて難しそう・・・と思われる方。

公益財団法人どうぶつ基金ブログ に パブコメ記入フォームが用意されています。



flair 2分でOK! 動物の法律改正パブリックコメント(携帯メールも可)  flair



今回求められるパブリックコメントは2件あります。

1件は「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」

1件は「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」



上記flair入力フォームflairから必要事項を入力の上、まず1件目についての各項目を

よく読んでいただき同意できる意見にチェックを入れ送信していただくと、

続いて2件目についての各項目が表示されますので同じくよく読んでいただいて

同意できる意見にチェックを入れ送信していただけるようになっています。

項目が多いので2分では時間が足りないと思いますが・・・




締め切りは 12月7日 です。



動物愛護管理法の改正検討は5年に1度。

次は5年後となるのです。

自ら声を上げる事の出来ない動物たちの為に力を貸して下さい。

1012061 (1年前・もなかdog正式譲渡時)

私達の仲間の為、よろしくお願いしまーすdogdog


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

2011年8月20日 (土)

動物愛護管理法の改正に向けて

ワンコブログ・ニャンコブログをご覧になっている方々は

既に何処かで目にされていることかと思いますが、

現在「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)」の改正に向けて

国が動いています。

環境省が改正案に対する意見(パブリックコメント)を受け付けています。



動物愛護管理法の改正が検討されるのは5年に1回。

今回を逃すと、次に検討がなされるのは5年後になるのです。



5年前の改正時には、

「幼齢犬猫の販売は8週齢以上」に決まると思われたところが

動物販売業界が組織的に反対意見をよせた結果、

反対 約9500 ・ 賛成 約200 の大差で法案化が見送られました。



意見の数がものを言います。

パブリックコメントへの参加をお願いします。




公益財団法人どうぶつ基金ブログ を遡ってお読みになって下さい。

見るのが辛くなるような写真も紹介されています。



パブリックコメントなんて難しそう…と思われる方、

上記サイトではパブリックコメント記入フォームが用意されています。

記入に必要な時間は約1分です。

どうかほんの1分の時間を動物たちの為に使っていただけませんか。




A.「1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント 携帯メールも可」

B.「1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント 携帯メールも可」

C.「1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント 携帯メールも可」




上記のA~Cのいづれかをクリックしていただければ、記入フォームが開きます。

内容を読みご賛同いただけるなら、必要事項を記入していただいて

送信ボタンを押すだけです。

もし、こちらのフォームに記載されている他の意見があるという方は、

環境省のHPを参照し、その意見を環境省へ送って下さい。




私は1頭目の 柴犬こもも をペットショップで購入しています。

我が家へ来た時にちょうど生後3ヶ月くらいでした。

それより何週間か前からショップのケージに居る所を見ています。

という事は、母犬から離されたのはいつくらいの事だったのか。

こんな風に こもも を迎えた私が偉そうに意見するなんて、

という気持ちが起こらないわけではありません。

でも、あるブログで目にした言葉。

「これは今居るコを否定するものではない。これからのコ達のために。」

これに勇気をいただき、この記事を書く事を決めました。



もう一度言います。

パブリックコメントへの参加をお願いします。

自ら声を上げる事のできない動物達の為に力を貸して下さい。

もうあまり時間がありません。

8月27日(土)締切 です。



026

私達の仲間の為に少しだけ力を貸して下さい。

よろしくお願いしますdogdog



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村